June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

県立釜石高校と植樹活動

 6月17日は午前、午後それぞれに釜石市尾崎半島の林野火災復旧のための植樹活動を行いました。

午前中は地元釜石の県立釜石高校のみなさんの活動でした。

今回の活動には岩手県企業局からのご支援で苗木や植栽機(苗木を植える器具)などを購入させていただいたものです。

» read more

県協同組合間提携協議会による植樹活動を実施

 釜石地区は6月いっぱいくらいまで植林に適した季節、ということで、たくさんの団体の皆さんに林野火災復旧のための植樹活動に参加していただいています。

6月7日には、岩手県内の協同組合でつくる「岩手県協同組合間提携協議会」(提携協)のみなさんによる植樹活動を行いました。

» read more

いわて林業アカデミー受講レポート4 東梅和貴編

今年度スタートした「いわて林業アカデミー」執筆陣も2巡目に入りました。

スポーツ交流から重機の操作まで、ますます盛りだくさんだった様子のアカデミー。筋肉痛で満身創痍の東梅(とうばい)からのレポートをお届けします!

(毎月第1、3、5土曜日に「いわて林業アカデミー」で学んでいる当組合の若手職員3名が交代で執筆し、週明けに掲載していきます)

 

いわて林業アカデミー受講レポート4 東梅和貴編

 

皆さんお久しぶりです! 東梅和貴です。

第1回レポートは私からスタートし熊谷・小林ときて、第4回レポートを担当致します。あっという間に6月中旬になり、雨に映える紫陽花の花も美しくなりはじめましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。私は早寝早起きを心掛け毎日元気に過ごしています。

 

さて本題に移りますが、この2週間も様々な事を学び皆さんに伝えてに事がいっぱいあります!今回も印象に残ったことをピックアップし報告いたします。

 

» read more

ラグビーワールドカップ「釜石鵜住居復興スタジアム」に木製シート

 2019年のラグビーワールドカップの開催地である「釜石鵜住居復興スタジアム」の本設部分のウッドシート4990席などに 釜石市尾崎半島 の林野火災で被害を受けたスギを活用することが決まり、釜石市の野田武則市長と当組合の久保知久代表理事組合長が6月8日に記者会見を開きました。

「スタジアムに釜石の木材を!」との構想のスタートから2年近い時を経て、ようやくご報告できることになりました。

 

 

» read more

いわて林業アカデミー受講レポート3 小林怜央編

 新年度から始まったいわて林業アカデミー受講レポート。いよいよ3人目! 当組合の最年少にして唯一の10代・小林怜央の登場です。3人揃った写真も撮ってきてくれた気配りのできる大型新人♪ これからが益々楽しみです。

(毎月第1、3、5土曜日に「いわて林業アカデミー」で学んでいる当組合の若手職員3名が交代で執筆し、週明けに掲載していきます)

 

いわて林業アカデミー受講レポート3〜小林怜央編

 

 はじめまして。レポート3回目を担当する小林怜央と申します。今年の3月に地元の高校を卒業し、釜石地方森林組合の職員として仲間入りさせていただきました。

 右も左もわからないような私が林業アカデミーで1年間学ぶ機会を与えてくださった久保組合長、高橋参事、そして快く組合の皆様には本当に感謝しております。この場を借りて御礼申し上げます。

 

» read more

6.17「釜石山火事復旧植樹活動〜みんなで尾崎半島の緑を再生しよう!」参加者募集!

 昨年5月8日に発生した釜石市尾崎半島の林野火災から1年。林野火災は半島部の豊かな森林400ヘクタール以上に被害をもたらしました。焼けてしまった山林の多くは当組合の組合員さんであったことから、火災後、釜石市内外の多くの方々から「苗木購入に充ててほしい」「復旧に役立ててほしい」とたくさんの募金をお預かりしています。

 


(左:木の上の方まで焼けてしまったスギ/右:地元製材所に購入いただき、加工されるスギの丸太) 

 

» read more

いわて林業アカデミー受講レポート2 熊谷亮祐編

 

新たに釜石地方森林組合に加わった3名は、今年4月から1年間、岩手県内陸部の矢巾町にある県立のいわて林業アカデミーで林業の基礎知識や伐採技術などなどについて学んできます。

 このブログの読者のみなさんに、もっと林業を身近に感じてもらいたい、林業の世界に飛び込んだ若者たちの成長をいっしょに見守ってほしい、との思いから、3名交代でアカデミーで学んだことを文章にまとめてもらうことにしました。

第2回の今回は、釜石市出身で熊谷亮祐です。

(毎月第1、3、5土曜日に執筆し週明けに掲載していきます)

 

いわて林業アカデミー受講レポート2 〜熊谷亮祐編

皆様こんにちは。第2回林業アカデミー受講レポートを担当させて頂きます、熊谷亮祐と申します。宜しくお願いします。

充実した時間を過ごしていると時が過ぎるのも早いもので、林業アカデミー開校から約1ヶ月が経ちました。5月に入り、暖かくなり過ごしやすい季節になるかと思っていたのですが、朝の冷え込みに目を覚まし、日中の暑さに汗を流す日々です。釜石との気候の違いに狼狽ぎみではありますが元気に過ごしております。
 

 

 

» read more

千代田化工グループが植樹活動を実施

 2013年から毎年3回ほど釜石大槌地域で東日本大震災で被災した組合員(山林所有者)の山林復旧にご協力いただいている千代田化工グループのみなさん。今年度は、釜石市尾崎半島の林野火災 復旧にも力を貸していただけることになりました。

 初回の5月18日はあいにくの雨、雨、雨……。けっこうな本降りでしたが、風は弱く、作業の安全管理上は問題がないと判断したため、予定通り行いました。

» read more

UBSさんのノベルティに林野火災被害木を活用

 4月のファミリーボランティアで林野火災現場で植樹活動をしていただいたUBSグループさん にファミリーボランティア活動と並行して林野火災の被害木を活用したノベルティグッズ制作のご提案をいただき、納品させていただきました。

» read more

釜石市尾崎半島の林野火災から1年

釜石市尾崎半島林野火災から1年にあたっての御礼とご報告

 

 

釜石地方森林組合
代表理事組合長 久保 知久


常日頃、当組合運営に特段のご協力、ご支援を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、昨年発生した尾崎白浜、佐須地区の林野火災から1年を迎えました。発災当初は、過去に類を見ない413ha,被害額7億4千万円という被害規模、リアス式海岸特有の岩盤と急傾斜地という悪条件、成熟期を迎えた所有山林を一瞬に焼失したことへの組合員の落胆

……厳しい現実に直面し、復旧に向けた針路を見極めきれず茫然としておりました。

 しかし、作業着手が急がれることから、関係者一同、再生への強い意志を共有し、復旧に向けて被災所有者説明会を開催、所有者の意向調査並びに今後の取組を提案してまいりました。

 

» read more
12345>|next>>
pagetop