December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

釜石市社協の「薪づくり」事業に協力

 岩手県内のみなさんは新聞などで読まれたかもしれませんが、釜石市社会福祉協議会(社協)が「被災地における持続可能な生きがい就労創生事業」としてスタートさせた薪づくり販売事業に釜石地方森林組合もご協力することになりました。

林業と福祉の連携「林福連携」を通じて、被災地の復興の課題解決に貢献します。

 

10月24日には当組合で記者会見を開き、釜石市社協、釜石地方森林組合のほか、社協から委託を受けてこの事業を進める一般社団法人ゴジョる、薪割り機購入などの資金確保に協力した日本国際交流センターら関係者が事業について説明しました。

» read more

釜石市内の小学生が訪問

 9月と10月に釜石市内の鵜住居小学校と小佐野小学校それぞれ3年生のみなさんが釜石地方森林組合に職場見学に来てくれました。

» read more

8月30日は「森林組合デー」

 毎年、8月30日は岩手県下一斉に「森林組合デー」と決まっており、当組合でも毎年、地域でのボランティア活動や労働衛生大会などを実施しています。今年は午前中は労働衛生大会、午後からは事務所周辺の草刈、視察報告などを行いました。

 

» read more

大槌子ども教育センターで木工WS

 秋田県立大学が被災地支援として行っている大槌町子ども教育センターでの木工ワークショップが今年は8月3日に開かれました。

» read more

三陸鉄道社員らによる間伐体験を実施しました

 7月21日に三陸鉄道の社員、宮古市・山田町の2保育園の職員のみなさんらによる間伐体験を行いました。

いわての森林づくり県民税」を活用した事業の一環で、今回来ていただいた3法人は当組合で間伐現場の見学、間伐体験を行い、県民税を活用して間伐材を利用した製品を設置するとのことです。

» read more

大槌学園緑化事業完成をお祝い

 昨年度から管内の大槌町立大槌学園の緑化事業のお手伝いをしており、2年間にわたる緑化事業もいよいよ完成間近ということで、6月27日に「地域における大槌学園教育環境向上のための緑化事業」完成式典を行いました。

» read more

「ディスカバー農山漁村の宝」特別賞を市長に報告

 農林水産省の「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」全国優良事例特別賞を受賞 したことは前にお伝えしましたが、このたび改めて2月14日に釜石市の野田武則市長にご報告に行ってきました。

 

» read more

安倍首相ら3大臣が視察

 瞬く間に時が過ぎ、すでに昨年のこととなりましたが、2017年12月20日に安倍首相、吉野復興相、鈴木オリパラ大臣の3大臣が釜石地方森林組合に視察にみえました。

» read more

12月12日は「山の神」

 林業や山にかかわる方はごぞんじとおもいますが、12月12日は山の神です。

「山の神」と言っても箱根駅伝の話ではなく、昔からこの日に山の神様が年に1回山に入り、山の立木の本数を数えるため、邪魔をしないよう山に入ってはいけない日とされています。

全国でこの行事を行っているかはわかりませんが、岩手県内では森林組合系統ほかこの日は山に入らないということを守っている林業会社も多いようです。

 

当組合では例年、全員で事務所の神棚に手を合わせた後、市内中心部に移動し、尾崎神社さんによる神事、労災防止についての勉強会などを行っています。

» read more

農水省「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」プロデュース賞に選定!

 いよいよ2017年も残すところ10日ですね(汗)

 

 11月下旬からなにかとバタバタしている当組合。

農林水産省の第4回「ディスカバー農山漁村の宝」に、全国844件の応募のなかから31件の優良事例に選ばれた、ということで、11月22日に首相官邸で開かれた、選定証の授与式に参加してきました。

(ディスカバーは、農林水産業をつうじて地域貢献をしていたり、地域の活性化に取り組んでいる団体が選ばれるもので今回で4回目の選定とのことです。)

(木製の選定証を手にする参事と活動紹介パネルを持つ手塚)

 

 

» read more
12345>|next>>
pagetop