December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

釜石小学校児童のみなさんから苗木募金寄付

 5月8日に発生した釜石市尾崎半島の林野火災から2ヶ月たちましたが、市内外のさまざまな個人、団体から寄付のお申し出や植樹活動のお問合せなどをいただいています。本当にありがとうございます。

 

 これまで、釜石市やともに隣接の遠野市、大槌町の団体から苗木購入の寄付金をお預かりしてきましたが、今度は釜石市立釜石小学校の児童さんたちからご寄付いただき、当組合の久保知久代表理事組合長と広報担当の手塚とでお礼に行ってきました。

3人写っている児童の両側2人が募金集めをしてくれた6年生の児童会事務局メンバー。ふたりとも笑顔がすてきなしっかり者!

真ん中は募金してくれた1年生です。(学校の許可をいただき掲載しています)

募金活動は、6月28〜30日にかけて行われたとのことで、児童会のメンバーが朝、昇降口のところに立って、登校するみなさんに募金を呼びかけてくれましたそうです。

 

 そこで集めた4万2214円を先日、PTAの方が森林組合事務所に持ってきてくださいました。

 PTAの方のお話によると、林野火災の翌日は釜石市内も火災の煙が充満していたため、子どもたちもとても心配していたそうです。また、いまの高学年の子どもたちは東日本大震災のときにすでに物心がついていて、全国や世界からのたくさんの物資やボランティアの人たちに助けられたことを憶えているので、震災後にどこかで災害が起こると親身になって心配し、これまでにも自発的に募金活動などをしてきたということです。「高学年が1年生や2年生にも助け合いの大切さを教えてあげているんですよ」とのお話でした。頼もしいですね!

 

 児童会のみんなからも「このお金を焼けてしまった森の再生に役立ててください」と激励してもらいました。

せっかくのご縁ですので、植樹活動が始められるようになったら、ぜひ小学生のみんなにも苗木を植えてもらうような機会をつくりたいと思っています。

 

 釜石小のみなさん、PTAのみなさん、本当にありがとうございました。

(広報担当:手塚)

pagetop