August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ラグビーW杯スタジアム木製ルーバー加工開始!

 いよいよ来年秋に迫ったラグビーワールドカップ。釜石会場となる鵜住居のスタジアムも建設が進んでいます。
 

 今日からスタジアムの木製ルーバー(羽板)として使われるスギ材の製材が上田製材所(大槌町)で始まりました。木材は、昨年5月に発生した釜石市尾崎半島の林野火災で焼けた木を活用していただきました。当組合で伐採・搬出したものを昨日2月7日に上閉伊地区流通協議会加盟社の上田製材所に納入しました。


 

 製材・乾燥させた木材は、同じく加盟社のリンデンバウム遠野で加工し、スタジアムで取り付けが行われます。

 

スタジアムの外観もだいぶ見えてたので、この木材がどのように使われるのか楽しみです!

※一部報道されているスタジアムシートの木質化については釜石市が検討を進めている段階です

 

★釜石でラグビーW杯を見たい方は、いますぐ「スタジアムパック」の申込をクリック!
https://tickets.rugbyworldcup.com/showNews.html?idNews=100

 

(広報担当:手塚)

pagetop