September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

木製フォトフレームの記念品を納品

 ありがたいことにこのところ、釜石市大槌町内外の事業者のみなさんからノベルティ(記念品)のご注文をいただいています。

今月頭には、釜石の復興工事のひとつ・釜石湾口防波堤の完成記念品をご注文頂き、納品しました。

 

 さて、みなさんは「湾口防波堤」、ご存じでしょうか???

読んで字のごとく、釜石港の湾口に建設された防波堤。「湾口」ということはつまり陸上ではなく、海底に建っているんですね。釜石の津波対策として30年ほどかけて工事が行われ2009年に完成し、「世界最大深水」ということでギネスブックにも掲載されていたそうです。2011年の大津波で一部が壊れてしまい復旧工事が行われていましたが、このほど工事が完了し、関係者のみなさまに記念品が配られることになりました。

 今回の記念品は、関係者のご厚意で釜石市尾崎半島の林野火災 被害木(スギ)を活用させていただきました。

湾口防波堤と釜石港をぜひ盛り込んでほしい、とのご意向だったため、中に写真を飾るフォトフレームではありますが、その部分全面に釜石湾の写真をレーザー加工で彫り込みました。シンプルなつくりなので、スタンドからはずして壁に掛けることもできます。サイズはL判対応です。

 フォトフレームの制作は上閉伊地区木材流通業議会加盟社のノッチアート遠野さん、レーザー加工は同社とかだっぺし(釜石市)にお願いしました。とりわけ、ノッチアートさんには当組合が受注した案件のために色々な加工に取り組んでいただき、感謝です!

 

こういったフォトフレームの場合、レーザー加工で文字や図柄を入れる面積によりますが、3000円前後で制作可能です。小ロットの対応も可能ですので、お気軽にご相談ください。

 

(木製品担当:手塚)

comments

   
pagetop