July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

プロが教える大人向け地域産材DIY教室を開催しました!

 釜石地方森林組合が事務局を務める上閉伊地区木材流通協議会が主催する「第2回プロが教えるDIY教室を4月22日」に開催しました。

 

今回、 こちらの5種類 からつくりたいものを選んでいただく形で、定員20名満員御礼! 当組合のイベントに初めて参加する方、組合員さんのご家族など多彩な参加者が集まってくださいました。

 

 まずは講師のノッチアート遠野の佐々木さんからのこぎりなど工具の使い方について参加者に説明。

続いて、今回使用する塗料を作っている内陸の矢巾町の塗料メーカー・シオン の藤田さんから塗装の際の注意点などについて説明していただきました。

 

 そして、いよいよ、参加者が作業をする番です。第1回の運営側の反省を生かして、今回は組み立て用の図面と解説書をよりわかりやすくバージョンアップした(ノッチアートさん、ありがとうございます!)ので、参加者もとまどわずに作り始めることができました。

最初は木材のカットから。みなさん、真剣な表情で長さを測っています。

カットが終わった方は塗装です。

シオンの塗料の中から20色近くをご用意いただいたので、みなさん思い思いにカラーリング。個性あふれる色がつきました♪

 

感想に1時間ほどかかるということで、ここで各自昼食。食事が終わった方から午後の部スタートです。

 

 午後は、いよいよ塗装した木材を組み立てます。

佐々木部長が図面を使ってご説明。
ご家族連れも大人もみんな一生懸命にかなづちと釘で組み立てます。
毎度のことながら、女性のほうが工具の扱いに慣れた方が多く、段取りよく進める方が多い……笑
ノッチアートさんや当組合職員もお手伝いしながら3時前にはみなさん組み立ても完了しました。
 今回は釜石産のスギ材を流通協議会加盟社の上田製材所でひいていただきましたが、参加者からは「地域産材はどこで手に入るの?」「どういう幅のものがあるの?」などのお問合せをいただきました。
 現在、流通協議会では、釜石地方森林組合の事務所で地域産材の板などを販売できるような仕組みをつくろうと準備を進めていますので、遠からず、組合事務所に来れば木材が買える、という状況がつくれると思います。
今はホームセンターで外材を買っているという方にも手軽に地域産材が手に入る環境を作りたいと思っています。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
(広報担当:手塚)

 

pagetop