December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

林業アカデミー受講レポート8 熊谷亮祐編

 本日は20度を下回り、肌寒い釜石。35度を超える日もあればこんな日もあり、過ごしやすいを飛び越えて体がびっくりしてしまいます。

さて、4ヶ月を迎えたいわて林業アカデミーでの学びの日々。今回登場の熊谷は先日、盛岡の日刊紙「盛岡タイムス」が林業アカデミーを紹介する記事の中で写真付きで紹介されていました。釜石の若者の奮闘が内陸・盛岡のみなさんにも伝わったのではないでしょうか?

では熊谷の報告をお送りします!

(毎月第1、3、5土曜日に「いわて林業アカデミー」で学んでいる当組合の若手職員3名が交代で執筆し、週明けに掲載していきます)

@@@@@

 皆様こんにちは。
第8回担当は熊谷亮祐です。

連日30℃を超える暑さで体力を奪われがちですが、ご飯をしっかり食べて、夏バテ対策をしています。
豚肉なんかが良いみたいですね。ビタミンB1とかB3とかが身体に効くのでしょうか?
最近はよく豚肉を食べてます。

山の中でも容赦なく暑いですが木陰はとても涼しいですね。
熱中症の対策で水分と塩分もまめに摂取するようにしています。
塩分タブレットは便利で良いですね。ポケットに忍ばせてよく舐めてます。

 今回はアカデミーで催し事が多く、あまり現場で実習といったことが出来ませんでした。
現場でガンガン練習をしたいので、こういった文化的な時間は身体がムズムズしますね。
今週からまた現場に出られるので思う存分練習してきたいと思います。

 

.ぅ鵐拭璽鵐轡奪彿鷙隹
インターンシップの報告会ではパワーポイントを使いそれぞれのインターン先で学んできた事を発表しました。各森林組合や事業体で様々な研修をしてきたアカデミー生の話を聞いて、自分も積極的な気持ちになりました。
プレゼンテーションは緊張してしまうので苦手意識があります。次回の発表の際には今回よりも緊張せずに発表が出来るよう頑張っていこうと思います。



⇔啅肇▲デミーオープンキャンパス
林業アカデミーのオープンキャンパスは2日間開催されました。
高校生〜社会人のお客様に来ていただきました。年齢がアカデミー生と同じくらいでしたので対応はとても緊張しましたが、林業アカデミーの良さを伝えられたと思います。
フォワーダ、ハーベスタ、チェーンソーの見学及び体験会では機械の練習風景を見てもらったあと希望者に実際に乗ってもらいました。
その後は見学者とアカデミー生との質疑応答の時間が設けられ、アカデミー第1期生のOBの先輩方と合わせて20名程度で質問に答えました。
「アカデミーでの授業は為になるか」とか「ひとり暮らしは大変ではないか」といったような質問がありました。
就職した先輩方がアカデミーで学んだことが現場でどう生きるか話して下さったので、とても為になりました。

 

C楼莵弩コ萋
矢巾町煙山の水辺の里の環境整備をしました。
KY活動等安全対策をしっかりした上で作業を開始しました。
刈払機で道路に伸びた草を刈りました。草の下に石があり、ぶつける度に切れ味がどんどん悪くなっていったので、休憩時間毎に丸ヤスリで目立てをしながら進めていきました。林業技術センター及び付近の施設等をいつも利用しているので、こういった活動をさせて頂けたことを嬉しく思いました。
後日、整備が終わった水辺の里に遊びに行ったところ、クワガタムシに出会いました。
あらためてみると様々な種類の樹木があったり川に魚がいたり昆虫が沢山いたりと自然を感じられるとても雰囲気の良い公園です。

 

っ亙創生担当大臣視察
地方創生担当大臣が視察に来るということで、アカデミー生で視察の対応をしました。
警護の方 や報道機関の方などが居て緊張した雰囲気でした(プレス席が設置されていました。)
お出迎えの後は自己紹介や意見交換などをしました。
短い時間でしたが密度が高く貴重な時間になりました。

 

ゴ篌蠶・四日市での伐倒練習
チェーンソー作業の練習で枯れた立木の伐倒をしました。
最長で10メートル強くらいのものを対象に練習をしました。
ガンマークで伐倒方向を合わせ受け口を作り追い口を入れ伐倒をするのですが、その前に作業場所と待避場所の足元を綺麗にする作業があります。今回作業した山は柴が多く生えていたため、作業中、不意にチェーンソーの先等に当たらないよう先に処理をしました。つた等も脚に引っ掛かると転倒の恐れがあるので丁寧に除去しました。
伐倒作業は、受け口→追い口→クサビorフェリングレバーの流れで行いました。クサビとフェリングレバーを比べてみて、フェリングレバーの方が倒す際に素早く作業が出来ると感じました。専用のフックが付いており、かかり木の処理もこなせるので便利さを感じました。


 林業アカデミーのポスター (リンクから見られます)で自分はフェリングレバーという道具を持っているのですが、全く映っていなかったのでここでフェリングレバーをアピールしようと思います。素晴らしい道具でした。
最初の伐倒作業の反省点としては正確に方向を定めるのが難しく、狙った場所に倒すことが出来なかったことです。今回枝がなかったため運良くかかり木になりませんでしたが危ない場面が何度かありました。
また、綺麗につるを残すのが難しく、切りすぎてほとんどつるが無かったり斜めにつるが残っていたりとまだまだ修行が足りないなと落胆しました。

 

 自己啓発期間といっってアカデミー生がそれぞれ自主的な活動をする期間に入りました。

お盆休み明けに全員集合した時にはパワーアップした姿を見せたいので技術センターでの基礎練習を頑張りたいと思います!

お読み下さり有難う御座いました。

pagetop