October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

8月30日は「森林組合デー」

 毎年、8月30日は岩手県下一斉に「森林組合デー」と決まっており、当組合でも毎年、地域でのボランティア活動や労働衛生大会などを実施しています。今年は午前中は労働衛生大会、午後からは事務所周辺の草刈、視察報告などを行いました。

 

 労働安全大会では、管内で発生した労災事故の事例研究。

当組合の職員はもちろん、当組合から伐採や植林などの仕事をお願いしている地域の林業事業体などの皆さんにもご参加いただき、今回は下刈り作業中の事故について原因や再発防止策について意見を出し合いました。

 

 続いて、釜石大槌地区消防本部から講師をお招きし、心臓マッサージやAEDの使い方を学習しました。

もちろん、お世話にならないに越したことはありませんが、残念ながら林業はまだまだ全産業中の労災事故の比率が高い業種です。万が一に備えて、救急車到着までにやるべきことやけが人の搬送の仕方、蜂に刺された場合の処置方法などについてご指導いただき、参加者からの質問にも答えていただきました。

 

 午後は事務所周辺の草刈などの環境整備作業を実施。

 

 さらに、先月、岩手沿岸県北の丸大県北農林に視察に行った参事と若手職員が、同社の現場作業やミーティングの様子から気づいた点を発表しました。

 

例年になく学ぶ時間の多い「森林組合デー」となりました。

 

(広報担当:手塚)

pagetop