July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

バークレイズグループの林業体験・ワークショップを実施しました

 林業スクール運営にご支援いただいているバークレイズグループの社員とご家族の計10名が5月23日、管内山林での植林体験と職員とのワークショップに参加してくださいました。

 じつは、5月に植林の体験を受け入れるのは3度目。毎回、炎天下……。
参加者も職員もこまめな水分補給が大切です。
 
参事の高橋が現場の説明や、植林作業について説明したあと、2人1組で、間隔を測りながらスギの苗を植樹していきます。

今回も炎天下でしたが、参加者のみなさんは鍬を振るって、苗木を植えました。
「ふだんからジムに通って鍛えているつもりでしたが、林業は体力がいる仕事ですね。きつい!」との声も。
とはいえ、ベテラン社員を中心に、目標としていた1人15苗をクリアした組もありました。

つづいては、新事務所でのワークショップ。
今回は、事前の相談のなかで
・山林の更新(皆伐した山林の所有者さんがその山に植樹することを躊躇しがちだという問題)
・ラグビーワールドカップ釜石開催を機に考えるスタジアム木質化や木製品開発
ーーのふたつをテーマに設定。

両グループから職員1名ずつが現状と課題をプレゼンテーションし、
その情報共有に基づいて、職員、バークレイズ社員のみなさん、釜石市役所農林課職員、「釜石大槌バークレイズ林業スクール」受講生1名、が各テーマにつき2グループに分かれてディスカッションしました。

その内容を、参加者全員で共有。

ワールドカップ関連では
・スタジアム建設の資金調達方法のひとつとして、木製品や仮設の木製ベンチ販売などを活用できないか?
・スタジアムだけでなく周辺の地域の住宅や施設の木造化など、面的な木材利用普及が大事ではないか
といった提案のほか
・そもそも釜石市内に林業や木をPRする看板が皆無
という住んでいるとなかなか気付かないポイントを指摘する意見もありました。

山林の更新の関係では
・首都圏から林業体験などに来る企業が積極的にかかわりながら森づくりができないか
・山林所有者も都会の人もいっしょに、森林の機能や必要性を学ぶ機会があったらいいのでは
といった提案がありました。


当組合では月1回、職員がパワーポイントなどを使ってプレゼンテーションを行う訓練をしていますが、林業外の方々の前で発表する機会は少ないので、プレゼンテーションをした職員はとても緊張したようでしたが、貴重な機会になりました。

バークレイズのみなさん、ありがとうございました。

                                てづか

comments

   
pagetop