November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

いわて林業アカデミー受講レポート12 小林怜央編

朝晩寒くなってきた釜石です。本格的な寒さが厳しくなるシーズンを前に、秋の岩手はイベント目白押し! アカデミーに通う3人もイベントの運営にかかわるなど普段の実習とは違う活動も行っています。今回は最年少・小林の報告です。

 

 

こんにちは。おひさしぶりです。

今回のレポートを担当する小林です。肌に触れる秋風が心地よい季節となりました。秋の風物詩である紅葉もまもなく色づき始める季節でもありますね。釜石の仙人峠の紅葉が自分の中での楽しみでもあります。月末には仙人峠マラソンが開催されます。

みなさん、紅葉を眺めながら釜石の復興への峠を駆け上がってみてはどうですか?

 

それではアカデミーでの様子をお伝えします。

[啅筏蚕僖札鵐拭式貳霧開

10月6日に林業技術センターの一般公開が行われました。センターの中に▼木工体験▼林業機械操作体験▼研究部の日頃の研究成果を発表したパネル展示▼私たちアカデミーのPRコーナーなど9つのブースを設けて行いました。

PRコーナーでは教室内で林業道具の展示、森のクイズコーナー、林業コスチュームでの写真撮影、といったコーナーを制作しました。予想外だったのは林業コスチュームでの写真撮影のお客様がゼロだったことです。率先して声を掛けてはみましたが、自分含めやはり東北の人はシャイだと言いますもんね(笑)

センターに足を運んでくれた方々はお子様からお年寄りまで優しく、個性溢れるアカデミー研修生のおもてなしの心を提供することができたと思っております。当日は雨予報ではありましたが、なんとか天気ももち終わってみれば来場者300人を超える大盛況でした。ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

来年もお越しください!

 

東北森林管理局、治山事業

治山事業とは簡単に言えば、山地災害から生活の基盤を守るため事前防災、荒廃山地の復旧整備を行い安心して暮らせる国土、森林づくりを推進していくことです。

今回は代表的な工種(工事の分類)のひとつである治山ダム工を見学してきました。

「治山ダム工」とは?

‥攤修鯊論僂気擦襪海箸砲茲蠏摸に堆積した不安定な土砂を防止する

∋海亮侈未竜咾箸覆詆分を安定させ崩壊を防止する

見学して感じたことは、山地災害から人々の生活を守るために、災害が発生した場合には迅速な復旧、対応、被害の未然防止に尽力している東北森林管理局さんは私たちが生活する上で欠くことのできない存在だと感じました。管理局の皆様、ありがとうございました。

 

10月15日から2週間インターンシップが始まります。安全第一で作業しレベルアップしていきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

pagetop