November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

千代田化工さんと森づくり

 例年、年に3回ほど社内のCSR活動で当組合に来ていただいている千代田化工さん。今年度最終回となる活動が10月19、20日に行われました。初日は釜石市尾崎半島の林野火災現場で春に植え切れなかった分の広葉樹の苗木を植え、翌日は2016年から活動している箱崎地区で来春の植樹のための地拵えという整備作業を行いました。

 初日は、尾崎半島の林野火災現場へ。今春、一般のボランティアの方々と取り組んだ植樹活動で一部、植え切れなかったエリアに広葉樹の苗木を植えました。

春はまだ下草がなく植えやすかった現場ですが、この時期は下草があり植えるのもひと苦労でしたが、当初予定していた本数は無事に完了しました!

今年度の活動は5月も8月も悪天候で雨の中での作業になりましたが、この日はお天気もよく、釜石湾と太平洋が一望できました。

 

そして作業後は組合事務所で参事から当組合の取組や復興の歩みについての取組説明。

夜は恒例の活動報告会と夕食をご一緒しました。

 

千代田化工さんの活動は、当組合だけでなく、釜石市内の一般社団法人United Greenとお隣大槌町の吉里吉里国でも行われていて、なぜか当組合での活動にはガテン系?の4、50代男性が多かったのですが(笑)、今年はフレッシュな入社1、2年目の方が多く、今回も入社1,2年目の方がなんと3名も! 釜石に来るのが初めてという方も多くいらっしゃいました。

 

そんなみなさんの感想は、林業のことバイオマスのことなど多岐に渡っていて、若い世代の方々に被災地の地場産業について知ってもらうことの意義を感じました。

 

そして翌日は、2015年から千代田化工さんが活動している箱崎地区へ。来年、植林を計画しているエリアで、潅木などを片付けて積み重ねて整地する「地拵え」という作業をしました。

 

今回は2日間ともきつい斜面での活動でしたが、参加者の皆さんは「来年は植樹に来ます!」と力強い言葉を残して活動を終えました。

2日間本当にお疲れ様でした!

(広報担当:手塚)

pagetop