July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ドイツの方々が視察に訪れました

5月22日、当組合がお世話になっている岩手大学の山本信次准教授引率のもと、ドイツの林業研究者やその研究室の学生ら約30人が、当組合にやってきました。

まずは参事の高橋が当組合の取り組みや課題についてレクチャー。
当然、日本語、しかも山田弁。
通訳さんもなかなか大変です(笑)


その後に、管内の山林で、昨年導入した高性能林業機械「woody」による間伐の様子を視察。
現場職員を統括している坂本グループ長(右)をご紹介。
なぜか神妙な面持ちのグループ長……。


woodyはドイツの機械ではなく、おとなりオーストリア製ですが、どちらも林業先進国ですね。


参加者からは「作業道をどこに引くかを決定するのか誰か」などさまざまな質問が出ました。
pagetop