September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

釜石大槌バークレイズ林業スクール(実践編)を実施しました

 9月27日、釜石大槌バークレイズ林業スクール実践編を行いました。
NHKの「プロフェッショナル」などでも特集され、日本林業界の革命児とも言われる湯浅勲・日吉町森林組合副理事長をお迎えしました。

 前日の26日は、当組合職員向けに、路網(森林作業道など)の開設について座学と、実際に当組合職員が開設した作業道を見ていただき、厳しい目でチェックしていただきました。


 本番の林業スクールは、受講生が、当組合の若手職員のほか林業に従事しているわけではなく自伐を視野に入れている山林所有者さんが多いため、基本的な山の見方(傾斜や山の土の質による危険性の違いなど)をメインに、座学と現場の見学を行いました。

 釜石大槌地域は、岩手県内では岩泉町と並ぶ急傾斜地ということで、作業道の谷側の処理などについて、詳しく説明していただきました。

 路網開設にあたって、まずは机上で設計しながら実際に現場を歩いて、どこに道を引くかを考えるのですが、湯浅さんは「路網開設は目的でなく手段」と何度もおっしゃり、まずはどういった山林にしていくかという目標を設定した上で、作業システムを考え、さらにそのシステムに応じて路網の規格を考えるべきだとの指摘が、受講生にとっても職員にとっても印象に残ったようでした。

 1月から始まった林業スクールも早くも終盤。今月は10月25日に一般も対象にした第4回オープンセミナーを開催します。
http://blog.kamamorikumi.jp/?eid=46
また、次年度の第2期林業スクールは、2016年4月開講の予定ですので、ご興味のある方は、こちらのブログや釜石地方森林組合のfacebookページをチェックしてくださいね。
 
pagetop