September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

プロント・コーポレーションが避難路整備を行いました

 売り上げの一部を「緑の募金」に寄付しているプロント・コーポレーションさんが、釜石市根浜地区の避難路<絆の道>の整備を行いました。
プロントは首都圏などの皆さんにはおなじみですね。岩手県内でも盛岡駅にあるんですよ。

 この避難路は、国土緑化推進機構の「緑の募金」を利用し、当組合がボランティアで施工したもので、昨年、UBS、コカコーラ……といったたくさんの企業のみなさんの力を借りて、斜面を掘ったり、丸太をかついだりして、完成させました。

 完成から1年以上がたち、今回は、下草刈りのほか、手すりや車椅子も上がれるレールの部分の塗装を塗りなおしてもらいました。

自然塗料を塗っておくことで、丸太に水がしみこんでもろくなったりするのを遅らせるということです。

当組合事務所から近い根浜地区は、2019年のラグビーワールドカップのスタジアムも出来る予定で、避難路の重要性はいっそう、増してきます。当組合もひきつづき避難路のメンテナンスに協力していきたいとおもいます。
(てづか)
pagetop