April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

安藤復興政務官が訪問

 寒さがきびしくなってきた釜石。12月13日には当組合に安藤裕復興政務官が視察にみえました。

» read more

12月12日は山の神

 12月12日は「山の神」の日です。

山の神様がこの日に山中の立木の数を数えるため、山に立ち入ってはいないと言われており、(他地域のことはわかりませんが)岩手県内では多くの森林組合、林業事業体は山には入らずに過ごします。

 

» read more

ノムラ協力会のCSR活動

 ディスプレイ大手・乃村工藝社 とその協力会社さんによるノムラ協力会の東京支部東北支部のみなさんによる1泊2日の視察と釜石市尾崎半島の林野火災復旧ボランティア活動の受入を行いました。

» read more

林業スクール第4期報告会を実施。いよいよ第5期へ!

 2014年12月にスタートした「釜石大槌バークレイズ林業スクール」も無事に第4期が終了し、12月1日に第4期通年コースのみなさんによる報告会を行いました。

» read more

いわて林業アカデミー受講レポート15 小林怜央編

 諸般の事情で、先週につづき2週連続でいわて林業アカデミー研修中の若手による報告をお送りします。

通常は隔週で2週間分の模様をお伝えしていますが、今回は最年少の小林が1週間分をお届けします。

寒さが厳しくなってきた岩手県ですが、寒さにマケズがんばっていますので、ぜひ最後までお読みくださいね。


 

» read more

オープンセミナー「林業の今とこれから〜森林環境税、森林認証、SDGsをどう活かすか」を開催しました

 「オープンセミナー 林業の今とこれから〜森林環境税、森林認証、SDGsをどう活かすか」を11月4日に開催しました。地元釜石、大槌はもちろん、盛岡、宮古など県内各地から森林や木材にかかわる方々が参加してくださいました。

» read more

12.1 釜石大槌バークレイズ林業スクール「第4期報告会」を開催します!

 東日本大震災後、英国に本社を置く世界的な金融機関バークレイズグループの支援を受けて始まった「釜石大槌バークレイズ林業

スクール」。これまでに「通年コース」「短期コース」合わせて90名の受講生を輩出してきました。

このたび第4期が終了するにあたり、第4期「通年コース」の12名の学習の成果を発表する機会を設けます。

 

» read more

いわて林業アカデミー受講レポート14 熊谷亮祐編

釜石地方森林組合からいわて林業アカデミーに派遣され研修中の3名が交代で執筆しているこのレポート。

今回は熊谷が報告します!

色々な林業機械が登場しますので、お楽しみに。

 


こんにちは。熊谷です。
11月に入り気温もどんどん下がってきました。盛岡は釜石より寒く、朝方は窓が結露するようになりました。初雪も近いので、車のタイヤも冬用に履き替えました。いよいよ冬が始まりますね。

今回は林業技術センター内の林を研修場所として使い、来週の間伐の研修に向けた練習をしました。
 

» read more

「Greatest Kamaishi Challenge」木製メダルを納品

 ここ1、2年地元の団体や企業さんから木製品や木製什器のお問合せ・ご注文が増えてきました。

「釜石大槌にも山があって木がある」ということが知られてきたのかな、とうれしく思っています。

 

さて、スポーツのまちという顔も持つ釜石の一大イベント「釜石仙人峠マラソン」の開催に合わせて、「Greatest Kamaishi Challenge」の木製メダルをご注文いただき納品しました。

» read more

釜石市社協の「薪づくり」事業に協力

 岩手県内のみなさんは新聞などで読まれたかもしれませんが、釜石市社会福祉協議会(社協)が「被災地における持続可能な生きがい就労創生事業」としてスタートさせた薪づくり販売事業に釜石地方森林組合もご協力することになりました。

林業と福祉の連携「林福連携」を通じて、被災地の復興の課題解決に貢献します。

 

10月24日には当組合で記者会見を開き、釜石市社協、釜石地方森林組合のほか、社協から委託を受けてこの事業を進める一般社団法人ゴジョる、薪割り機購入などの資金確保に協力した日本国際交流センターら関係者が事業について説明しました。

» read more
<<back|<1234567>|next>>
pagetop